経営実践書と月次決算書によるPDCAサイクル構築のサポート

会社を成長させるPDCAサイクルとは?

私たちが提供している価値は税務申告ではありません。

数字の正しい読み方・作り方をご理解いただくことにより、正しく現状を把握し、正しく目標設定をすることで、やるべきことを明確化する。その上で、それぞれのお客様が、理想的な未来を創るためのサイクルを回すお手伝いをすることです。

 

具体的には、経営実践書に数字と方針を可視化し、それを基に毎月作成する「月次決算書」によって現状との差を把握し、評価・学習・反省・改善へつなげていく。いわゆるPDCAサイクルの構築です。

 

このPDCAサイクルを、正しく実行できている企業は多くありません。

それは、正しい数字に裏付けされた「Plan(計画)」と「Check(評価・学習・反省・改善)」ができていないためです。

 

既存の数値だけでは、「あとどのくらい売上をあげればいいのか?」「どのくらい費用を抑えるべきなのか?」「適切な予算はどのくらいになるのか?」は見えてきません。ですから、大切なのは、数字の見方、読み方、作り方を知ることなのです。

 

見るべき数字の見方がわかり、読めるようになり、最終的には作れるようになることで、具体的にやるべきことが見え、会社を良くするPDCAサイクルが回りはじめます。私たちは、そのためのお手伝いをしています。

Plan(計画) ~原理原則に則った計画作り~

経営実践書はただの道具ではありません。原理原則に則った正しい経営を実現するための「導」具です。

補助金取得や資金調達のために作る計画書のような「ツール」「絵に描いた餅」とは全く異なります。

 

私たちの経営実践書は名前の通り「実践」が前提です。

会社をよくするために何を大切にしなければならないかを頭ではわかっていても、そのためにこの1ヵ月、この1年間実際に何をしたか、これから1年間何をするのか。聞かれてすぐに答えられるでしょうか?

頭でわかっていても、実践しなければ望ましい結果は手に入りません。

 

よく誤解されるのは、この経営計画が「マニュアル」「ルールブック」であると認識されていることです。

経営計画はルールブックではありません。その企業が正しく目的に向かうための道しるべであり、軸となるものです。

 高収益型事業構造のつくり方(社長力)

社長の仕事は、社員とその家族をはじめとする関わる人が幸せになるために、高収益型事業構造をつくること。

事業の繁栄は能率や合理化によって達成されるものではなくて、高収益型構造によって達成されます。理念やビジョンをかかげ、長期的な視点で目的を実現するためには、高収益型の事業構造をつくらなければならないのです。

 

経営計画は未来を実現するためにあります。

自社の使命感や理念を明確にする。そのうえで、「社員の処遇」「事業内容」「規模」「社会的責任」などを含めた未来像(ビジョン)を定めます。あとは、戦略、戦術、目標数値へと、より具体的なものに落とし込むだけです。

 

そのようにして作成した経営実践書は、社内の共通言語となります。会社がどのように発展していくのかを、社長や幹部だけでなく、社員も把握できるようになるのです。その結果、社内のワクワク感が醸成されます。

 

そして、経営実践書の内容をもとに、行動(Do)していきます。

 Check(評価・学習・反省・改善※Actionを含む)

 ~月次決算書を使ったチェックの仕組み~

行動(Do)は「月次決算書」によってCheck(評価)します。実際に、私たちが活用している月次決算書の中身をご覧ください。

未来会計図表

月次推移損益計算書

キャッシュフロー計算書

売上高予算実績比較グラフ

三期比較損益計算書

資金別貸借対照表

年計グラフ

合計残高比較表

NEW資金別貸借対照表


これらのグラフや図表に使用している数値は、銀行に提出するために作成している資料(BS・PL・CF)と同じです。違いはその「使い方」にあります。

 

通常の財務諸表が税務申告や資金調達のために作成されているのに対し、私たちの月次決算書は、PDCAサイクルを回す鍵となる、「Check(評価・学習・反省・改善)」のために作成されています。ポイントは未来にフォーカスしている点です。

 

一時点の売上や費用、利益だけを見るのではなく、例えば、それぞれの数値を視覚的に比較してみること、予算やキャッシュフロー、粗利や固定費、人件費など、経営判断を促進するための適切な数値を切り分けて見える化できるようにすることなど、様々な工夫をしています。そして、私たちは月に一回、お客様とお会いし、月次決算書の読み方・使い方を指導させていただいています。だからこそ、お客様が数字に強くなり、より精度の高い意思決定ができるようになるのです。

 

PDCAにおける「Check」は、過去を分析し、現状を把握したうえで、未来をシミュレーションするために行います。大切なのは過去ではなく未来です。企業の未来を見据えるために、月次決算書による「Check」を行います。

 

なお、決算に際し、決算月の二ヶ月前に「決算前検討会」を行っています。決算前検討会によって、税金を含めた資金繰り計画を立案することが可能となり、ここでも未来を見ています。

ただし、月次決算書にしても、経営実践書にしても、「作る」ことが目的ではありません。立派な資料を作ることをゴールにするのではなく、目的を「使う」ことにすることで実践と継続につなげます。

 

あくまでも、会社がより良い方向へ向かうためにPDCAサイクルを回し、経営実践書があり、月次決算書があるのです。月次決算書を活用し、経営実践書によるプラン、そしてさらに精度の高い行動へと結びつけます。

 

私たちが提供しているものも、書類の作り方ではなく、使い方がメインです。毎月の訪問で月次決算書をお持ちし、丁寧に使い方を伝えていくこと。そして、作成した経営実践書をさらに磨き上げていくこと。

その過程において、会社がどんどん良くなっていく。そんな素晴らしいお手伝いをさせていただいているのが私たちです。すべての企業には、Do(実行)のデータが数字であります。つまり、すべての企業がPDCAを回せるのです。

 

その手段となるものが、経営実践書であり月次決算書です。すべてはお客さまの会社をより良くするためです。

正しいPDCサイクルで実現できる明るい会社の未来

月次決算書と経営実践書が描くものは、まさに未来そのものです。

手段としての最適なツールがあり、使い方を理解したうえで実践ができれば、会社はどんどんよくなっていきます。

 

根性論だけの「とにかく頑張ろう!」というスローガンはなくなり、常に最適な方法によって、最適な行動がとれるようになるのです。数値の比較から導き出される目標は、理想的な未来の会社への第一歩と言えるでしょう。

 正しい目的を定め、正しい手段で目的の実現ができるよう

全力でお手伝いいたします。

こちらよりお問い合わせください。

こちら