ランニングパートナーズ ✖ SDGs

税理士事務所ランニングパートナーズは

SDGsの理念に賛同し、SDGsの達成に取り組みます。

私たちはSDGsについて、積極的に取り組んでいるわけではありません。

それは、会社は社員とその家族をはじめとする関わる人の永遠の幸せのために存在すると考え

永遠の幸せの実現のためには、正しい経営で存続する必要があると考え、取り組んでいるからです。

 

つまり正しい経営はおのずと持続可能な社会に通じます。

 

ただし、昨今、中小企業でもSDGsに取り組む企業が増えてきました。

私たちのお客様も例外ではありません。

 

そこで、私たちもSDGsに対する理解を深め、私たちに直接的に関わるものについて積極的に発信することで、お客様の参考になればとの思いで記載します。

私たちが取り組むSDGs

「道徳なき経済は罪悪であり、経済なき道徳は寝言である」

二宮尊徳の言葉です。

私たちは、経営の目的を

「社員とその家族をはじめとする、会社を取り巻く全ての人の永遠の幸せを実現すること」

と定義し、仕事を通じた幸せのために社員一人ひとりの「働きがい」を追求します。

また、この考えを中小企業に広めることにより、より多くの関わる人の幸せに関われるよう、努力を積み重ねていきます。

私たちは、経営に関わらずすべての土台は「あり方」「人の心」にあると信じています。

私たち自身はもちろんのこと、中小企業のサポートを「あり方」「人の心」をベースに行うことで、正しい土台の上に正しい産業・技術革新を積み重ねていきます。

その結果として、一時的な利益の追求ではなく、長期的な目線で正しい目的に沿った産業基盤ができるものと確信しております。

私たちが追求する「人を大切にする経営」

例えば、人を大切にする経営を実践している企業は「社員の子どもの数が多い」などの特徴があります。

人を大切にするいい会社が多い地域は活気があり、幸せであふれているのは想像できるでしょう。

仕事を通じて安心安全な心や環境を確保できるからこそ、地域社会が豊かになり、一生暮らしたいまちになると信じ、努力を積み重ねていきます。