使命感(志・果たす役割・存在意義)

「人を大切にする経営」で

「日本中の中小企業を元気にする」

 

1.

私たちの志は、私たちに関わる全ての方に喜んでいただき、より幸せになるお手伝いをすることで「より良い未来」を創るサポートをすることです。

 

2.

私たちの志は、全社員が使命感・経営理念のもとに、同じ価値観を共有し、熱い心で仕事をして、会社も社員もお客様の手本になることです。

 

3.

私たちの志は、安心し信頼される会社、心の温かい会社、そして、関わる方々に「いい会社だね」と言っていただける会社になることです。

経営理念(志・全社員で共有し、使うもの)

未来パス」

私たちは、よりよい未来へつながるパスを出し、あなたの未来を創るサポートをします。
私たちは、この経営理念のもと、4つのよりよい未来を創ります。

 1. いつも近くに寄り添い、社員とその家族の「よりよい未来」を創りましょう。
 2. 感謝の気持ちで、社外社員(取引先様)の「よりよい未来」を創りましょう。
 3. 謙虚な心で、お客様に関係するすべての方の「よりよい未来」を創りましょう。
 4. 地域社会に貢献し、次世代に「よりよい未来」を創りましょう。

全従業員がこの経営理念のもと、同じ価値観を共有し、ぶれることのない経営を目指します。
社員とその家族の「社員」には経営者も含みます。率先垂範で、家族の幸せを実現することで、幸せの総量を増やします。

誰かの幸せの陰に誰かの不幸があるのでは、真の幸せではないと考えます。

 

「よりよい未来」の実現のために

 

    「人を大切にする経営」

「経営計画書」「月次決算書×未来会計」

                                                                                                      を実践し、お客様を全力サポート致します。

全社員で取り組む「10の行動指針」

当たり前のことをやり続け、特別上手にする

良きことをする前に、良き人間であれ

1.常に感謝の気持ちを持ち、言葉にする

 

どんなに小さなことでもお礼を言う。

「ありがとう」は日本で一番美しい言葉であり、相手を元気づける最高の言葉である。

「後で」ではなく「今」伝える。

どんなにお金がなくても感謝の言葉を贈ることができる。

 

 

2.常に高い志を持つ

 

会社は人間性を高める場所、常に高い志を持ち情熱を持って本気でやる。

志を持ち、本気でやればたいがいのことはでき、力も自信もつく。

 

 

3.常に相手を尊敬する

 

親しき仲だからこそ礼儀正しくする。

年齢・学歴・性別・勤続年数は仕事とは無関係である。

相手が無礼であっても礼儀正しく相対するのが礼の本義である。

目の前にいる人に真摯に向き合うことがスタート。

 

 

4.常に正直で誠実な行動をする

 

正直が常に最高の解決策である。

誠実さとは隠れた部分で問われるものであるから、見えない部分こそ大事にする。

誠実とは「言行一致」、まずは自分自身に対して誠実になる。

 

 

5.常に相手を思いやる

 

相手の立場で最高の思いやりをする。

相手と向き合うときは今やっていることをいったん止め、心も姿勢も真正面で向き合う。

姿勢は心を映す鏡である。

 

 

6.常に正しいことをする(原理原則を守る)

 

常に何が正しいかを考え、ものの本質を見る目を養う。

何が大事で何が小事か判断して行動する。

誰も見ていないからこそ正しい行動を!

 

 

7.常に謙虚になる

 

今までどんな生き方をしてきたかではなく、今、そして、これからが大事。

謙虚さは周囲の人の助けを得るのに重要な役割を果たす。

誰にでも必ず自分より優れたところがある。

 

 

8.常に約束を守る

 

小さな約束を守るからこそ、大きな信頼につながる。

仕事かプライベートかは関係ない。

小さいことほど丁寧に、当たり前のことほど真剣に。

 

 

9.常に前進、常に改善(Keep Walking)

 

一人ひとりが物事を達成するという強い意志を持つ。

現状に満足せず、常により良い未来を見る。

 

 

10.常に人を大切にする

 

毎日会うからこそ「一期一会」の想いを大切にする。

経営のスタートは「人」。

 

経営計画書

原理原則に則った正しい経営をするように導き、経営者と社員が成長するための魔法の書です。

経営計画書について詳しく知りたい方はこちら

 

経営者の志を形にすることで、会社(経営者)と社員の価値観が一致します。そして、何よりも経営者自身が経営計画書を作る過程で一番成長できます。 

日本最高の経営コンサルタントと言っても過言でない故・一倉定氏が「経営者の仕事は経営計画書の作成が全てである」というほど経営には必要なものです。

だからこそ、私たちは経営計画書を私たち自らが活用し実践をしております。

だからこそお客様へ作成のお手伝いができるのです。

 岩手県・秋田県・青森県でこの方針を含んだ経営計画書の作成指導ができるのは私たちだけです。

NCG(日本中の中小企業を元気にする)式月次決算書

NCG式月次決算書とは当社オリジナルの商品で、2つの効果があります。

(1)どこに手を打てば利益が出るか。全社員が理解する。

(2)お金を残すための経営(キャッシュフロー経営)を、全社員が理解する。

わかりにくかった決算書の内容を、

グラフや図を多用し、数字が苦手な社長でも直感的に理解できるように工夫しました。

過去の数字の分析ではなく、より良い未来を提案するために最大限活用します。


表紙の色は

当月および期首からの累計が黒字の場合はスカイブルー

当月または期首からの累計が赤字の場合はイエロー

当月および期首からの累計が赤字の場合はピンク

にし、表紙の色を見ただけで、業績状況がわかるようにしました。(大好評です)

※NCGとは・・・日本中の中小企業を元気にするの頭文字をとっています。

代表の想い

代表 鈴木 陽介

税理士で未来会計コンサルタント、経営計画コンサルタントの鈴木陽介です。

この度は、弊社ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

突然ですが、会社を経営される上で、以下のようなお悩みはございませんか?

 

▼売上は伸びているのに、なぜかお金が残らず資金繰りが厳しい

▼会社の利益の生み出し方がよく分からない

▼会社の未来像(ビジョン)が見えない

▼人を増やすべきか、設備投資をするべきか、広告宣伝費をかけるべきかなどといった経営判断の基準が曖昧になっている

▼黒字化するために、いくらの売上が必要になるのかが分からない

▼値上げや値下げは、社長の勘が頼りになっている

▼決算書の数字は分かりづらいので、経営に生かすことができない

▼経営について相談できる相手がいない

▼社長の考えが社員に伝わらない

▼社員が育たない

▼社内の雰囲気が改善されない

▼後継者にバトンタッチしたいが、社員がついてきてくれるか心配だ

▼経営計画書を作成したものの、そのままになっている 等々

 

「人を大切にする経営」で「日本中の中小企業を元気にする」ことが私の志です。

 

私は、この業界とは全く縁のないフットサルというスポーツの世界で生きていました。

 

秋田県出身の私が岩手に来たのは、まさにそのスポーツがご縁。

フットサルFリーグが開幕した際に運よくチームに誘っていただき、花巻市で選手としての生活をスタートさせました。

 

スポーツを通じ本当に多くの素晴らしいご縁をいただきました。

フットサル選手時代に、スポンサーという形で多くの花巻、岩手の中小企業に

サポートいただき、感謝を知り、人間的にも成長することができました。

ありがとうございます。

 

2011年の東日本大震災をきっかけに

私自身の存在意義を真剣に考え、その結果税理士の資格を取得して

選手時代にお世話になった方々に次はこちらがサポートをする側として恩返しがしたい。

と考え大手の会計事務所へ転職しました。

 

そんな私がいつも感じていたのは、

「“会計事務所が提供するサービス”と“中小企業の社長が求めているサービス”との間には大きなギャップがあり、 上記に掲げたような真のお悩みを解消できていないのではないか?」ということです。

 

そして業務に携わる中で、そのような事態が生じる大きな要因として、「決算書の分かりにくさ」があることに気付きました。

 

中小企業が作成する決算書は、言ってしまえば、税務署への単なる報告書です。 したがって、その内容は分かりづらく、そのまま経営に使うこと自体に無理があります。

 

また、いくら決算書を細かく分析したところで、あくまで過去の結果に過ぎませんので、 現状把握はできたとしても、未来の経営判断の材料としては不十分でしょう。

 

本来、会計とは、「この先どうするか?」を考えるための情報であり、それ以外の何ものでもありません。

 

そこで当社では、たとえ決算書が読めなくても、図を用いて「儲けの仕組み」をイメージとしてつかめるように工夫し、 「どこに手を打てば利益が出るのか?」など、会社の未来についてシミュレーションすることで、 社長のお悩みが解消できるように努めています。

 

そして、この取組みを「未来会計」と定義付け、お陰様で、数字に苦手意識のある経営者からも、ご好評いただいております。

 

また、「未来会計」と同様に、中小企業の社長のお悩みを解消するべく取り組んでいるのが、「経営計画書」の作成サポートです。

 

当社が提案する「経営計画書」は、巷でよく見かける、銀行提出用のものとは全く異なります。 社員教育や事業承継を含め、経営に生かすことを目的とした「経営計画書」です。計画だけでは意味がないと考え、当社のものは名前も「経営行動書」と変えています。

 

ちなみに、誤解されていらっしゃる方が多いのですが、一般的な税理士や公認会計士は、税務や会計の専門家でこそあれ、経営の専門家ではありません。 税金計算ができることと会社経営とは、まったく別なのです。

にもかかわらず、税務の専門家の意見を鵜呑みにした結果、誤った経営判断をしてしまうという事態が、 往々にして起こっています。これは大変残念なことです・・。

 

したがって当社としては、税理士や公認会計士の枠組みを取り払い、 「未来会計」と「経営計画書」を用いることによって、中小企業の社長のお悩みを解消し、経営に貢献したい と考えております。

 

少し話しは変わりますが、現在、人間が行う仕事の半分近くが、約10年後にはAI(=人工知能)に取って代わられると言われています。 時代の変化のスピードは、待ったなしで、ますます加速していくことでしょう。

 

そのような時代において、社長による意思決定の遅れや先延ばしは、会社にとって致命的となり、共に働く社員を不幸にしかねません。

 

進化論で有名な、チャールズ・ダーウィンの言葉に、

 

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である。」

 

とありますが、まさに社長の仕事とは、「変化対応業」です。

先を読みながら、時には、これまでの「やり方」や「常識」を捨て、大きな決断をしなければならないこともあると思います。

そしてその際には、ぜひ、「未来会計」や「経営計画書」を、経営にお役立て下さい。

 

最後になりますが、「先生業」ではなく、「パートナー」としてお客様と伴走することで、中小企業の皆様に元気になっていただく ことが、わたしたちの使命です。

 

健全な経営で、社員やそのご家族、そして、お客様や関係者すべての方々が幸せを感じ、かつ、地域からも必要とされるような、 ワクワクした明るい「会社の未来像」を、共に実現して参りましょう。

 

「人を大切にする経営で、日本中の中小企業を元気にする」

 

 

これは私の使命

まさに命を使い成し、遂げるべき志だと感じています。

 

その結果

日本一、多くの方に喜ばれ感謝される会社になることが私の夢です。

 

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


所属団体等

・愛家族税理士の会会長

・未来会計・経営計画コンサルタント

・会計事務所維新の会 認定シニアコンサルタント

・人を大切にする経営学会会員

・新志塾卒業生

・田坂塾塾生

・経済産業大臣認定 経営革新等支援機関

「起業」「開業」を考えたらこの1冊

当事務所の代表が執筆協力いたしました書籍が発刊されております。

起業・開業をお考えの皆様及び経営者の皆様が、無理なく継続的に発展し続けられるノウハウをわかりやすくご紹介しており、大変ご好評いただいております。

 

  • 書籍名 「起業」「開業」を考えたらこの1冊 あさ出版
  • Amazonで販売しております。

アクセス

〒025-0097 岩手県花巻市若葉町2-18-16(若葉小学校を目指してお越しください)

当社は突然の来客を避けるため、看板を出しておりませんので、

場所がわかりづらいとお感じの方は、お電話でご連絡をお願いいたします。

 

お車は事務所ななめ向かい駐車場、7番へどうぞ。

小学校・中学校が近く、道幅が狭くなっておりますので運転には十分お気を付けくださいませ。

 

今のお客様優先のため、突然のお客様には対応できませんので、必ず1週間前までにご連絡ください。