使命感(志・果たす役割・存在意義)

日本中の中小企業を元気にする」

私たちの志は

「喜ばれる数No.1の会社になる」

ことです。

 

1.

私たちの志は、私たちに関わる全ての方に喜んでいただき、より幸せになるお手伝いをすることで「より良い未来」を創るサポートをすることです。

 

2.

私たちの志は、全社員が経営理念のもとに、同じ価値観を共有し、熱い心で仕事をして、会社も社員もお客様の手本になることです。

 

3.

私たちの志は、安心し信頼される会社、心の温かい会社、そして、社員とその家族に真に喜ばれる会社になることです。

経営理念(志・全社員で共有し、使うもの)

未来パス」

私たちは、未来へつながるパスを出し、あなたの未来を創るサポートをします。
私たちは、この経営理念のもと、4つのより良い未来を創ります。

 1. 近くに寄り添い、私の家族のより良い未来を創ります。
 2. 感謝の気持ちで、従業員とその家族のより良い未来を創ります。
 3. 謙虚な心で、お客様に関係するすべての方のより良い未来を創ります。
 4. 社会に貢献し、次世代により良い未来を創ります。

全従業員がこの経営理念のもと、同じ価値観を共有し、ぶれることのない経営を目指します。
私の家族、従業員とその家族のより良い未来を先に据えているのは、近いものの幸せを実現し未来を整えてあげることができなければ、幸せの総量は増えないと考えるからです。

誰かの犠牲の上に成り立つ幸せは、真の幸せではないのです。

 

より良い未来の実現のために

 

    「社員力」「経営計画書」「月次決算書×未来会計」

                                                                                                                   でお客様を全力サポート致します。

全社員で取り組む「10の行動指針」

当たり前のことをやり続け、特別上手にする

良きことをする前に、良き人間であれ

1.常に感謝の気持ちを持ち、言葉にする

 

どんなに小さなことでもお礼を言う。

「ありがとう」は日本で一番美しい言葉であり、相手を元気づける最高の言葉である。

「後で」ではなく「今」伝える。

どんなにお金がなくても感謝の言葉を贈ることができる。

 

 

2.常に高い志を持つ

 

会社は人間性を高める場所、常に高い志を持ち情熱を持って本気でやる。

志を持ち、本気でやればたいがいのことはでき、力も自信もつく。

 

 

3.常に相手を尊敬する

 

親しき仲だからこそ礼儀正しくする。

年齢・学歴・性別・勤続年数は仕事とは無関係である。

相手が無礼であっても礼儀正しく相対するのが礼の本義である。

目の前にいる人に真摯に向き合うことがスタート。

 

 

4.常に正直で誠実な行動をする

 

正直が常に最高の解決策である。

誠実さとは隠れた部分で問われるものであるから、見えない部分こそ大事にする。

誠実とは「言行一致」、まずは自分自身に対して誠実になる。

 

 

5.常に相手を思いやる

 

相手の立場で最高の思いやりをする。

相手と向き合うときは今やっていることをいったん止め、心も姿勢も真正面で向き合う。

姿勢は心を映す鏡である。

 

 

6.常に正しいことをする(原理原則を守る)

 

常に何が正しいかを考え、ものの本質を見る目を養う。

何が大事で何が小事か判断して行動する。

誰も見ていないからこそ正しい行動を!

 

 

7.常に謙虚になる

 

今までどんな生き方をしてきたかではなく、今、そして、これからが大事。

謙虚さは周囲の人の助けを得るのに重要な役割を果たす。

誰にでも必ず自分より優れたところがある。

 

 

8.常に約束を守る

 

小さな約束を守るからこそ、大きな信頼につながる。

仕事かプライベートかは関係ない。

小さいことほど丁寧に、当たり前のことほど真剣に。

 

 

9.常に前進、常に改善(Keep Walking)

 

一人ひとりが物事を達成するという強い意志を持つ。

現状に満足せず、常により良い未来を見る。

 

 

10.常に経営資源を大切にする

 

経営資源とは「ヒト⇔モノ⇔ヒト⇔カネ⇔ヒト⇔情報⇔ヒト⇔時間」

根本には人がある。

一期一会、一期一品、心を込めて向き合う。

 

経営計画書

原理原則に則った正しい経営をするように導き、経営者と社員が成長するための魔法の書です。

経営計画書について詳しく知りたい方はこちら

 

経営者の志を形にすることで、会社(経営者)と社員の価値観が一致します。そして、何よりも経営者自身が経営計画書を作る過程で一番成長できます。 

日本最高の経営コンサルタントと言っても過言でない故・一倉定氏が「経営者の仕事は経営計画書の作成が全てである」というほど経営には必要なものです。

だからこそ、私たちは経営計画書を私たち自らが活用し実践をしております。

だからこそお客様へ作成のお手伝いができるのです。

 岩手県・秋田県・青森県でこの方針を含んだ経営計画書の作成指導ができるのは私たちだけです。

NCG(日本中の中小企業を元気にする)式月次決算書

NCG式月次決算書とは当社オリジナルの商品で、2つの効果があります。

(1)どこに手を打てば利益が出るか。全社員が理解する。

(2)お金を残すための経営(キャッシュフロー経営)を、全社員が理解する。

わかりにくかった決算書の内容を、

グラフや図を多用し、数字が苦手な社長でも直感的に理解できるように工夫しました。

過去の数字の分析ではなく、より良い未来を提案するために最大限活用します。


表紙の色は

当月および期首からの累計が黒字の場合はスカイブルー

当月または期首からの累計が赤字の場合はイエロー

当月および期首からの累計が赤字の場合はピンク

にし、表紙の色を見ただけで、業績状況がわかるようにしました。(大好評です)

※NCGとは・・・日本中の中小企業を元気にするの頭文字をとっています。

代表の想い

代表 鈴木 陽介

「日本中の中小企業を元気にする」ことが私の志です。

 

私は、この業界とは全く縁のないフットサルというスポーツの世界で生きていました。

 

秋田県出身の私が岩手に来たのは、まさにそのスポーツがご縁。

 

スポーツを通じ本当に多くの素晴らしいご縁をいただきました。

フットサル選手時代に、スポンサーという形で多くの花巻、岩手の中小企業に

サポートいただき、感謝を知り、人間的にも成長することができました。

ありがとうございます。

 

2011年の東日本大震災をきっかけに

私自身の存在意義を真剣に考え、その結果

 

「日本中の中小企業を元気にする」

 

という志に出会い、

まずは花巻、そして岩手の中小企業を元気にするために独立開業をしました。

 

これは私の使命

まさに命を使い成し、遂げるべき志だと感じています。

 

その結果

日本一、多くの方に喜ばれ感謝される会社になることが私の夢です。


所属団体等

・愛家族税理士の会会長

・未来会計・経営計画コンサルタント(会計事務所維新の会)

・新志塾卒業生

「起業」「開業」を考えたらこの1冊

当事務所の代表が執筆協力いたしました書籍が発刊されております。

起業・開業をお考えの皆様及び経営者の皆様が、無理なく継続的に発展し続けられるノウハウをわかりやすくご紹介しており、大変ご好評いただいております。

 

  • 書籍名 「起業」「開業」を考えたらこの1冊 あさ出版
  • Amazonで販売しております。

アクセス

〒025-0097 岩手県花巻市若葉町2-18-16(若葉小学校を目指してお越しください)

当社は突然の来客を避けるため、看板を出しておりませんので、

場所がわかりづらいとお感じの方は、お電話でご連絡をお願いいたします。

 

お車は事務所ななめ向かい駐車場、7番へどうぞ。

小学校・中学校が近く、道幅が狭くなっておりますので運転には十分お気を付けくださいませ。

 

今のお客様優先のため、突然のお客様には対応できませんので、必ず1週間前までにご連絡ください。